×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

よくある質問

P9150196.JPG

♫ よくお問い合わせいただくご質問をまとめてみました ♫

☆こども絵画コース☆

Q、通信教育の絵と造形ってどんな風に教えるの?教室に通うのと同じくらい効果的がでるの?

A, はい、アトリエKAGEMIの通信教育ではまるでアトリエで受講しているかの様なご指導を目指しています。テキストやメール、添削のやりとりで武先生から、ひとりひとりの生徒さんの強み、弱み、特徴、性格などに合った的確なアドバイスがあります☆そのプロセスがそれぞれのお子さんが持つ才能を発掘して原石をダイヤモンドにしていきます。
はじめて絵や造形にチャレンジされる生徒さんにも分かりやすく楽しいご指導をします。
また、生徒さんはメールにて作品の写真を送って、途中経過などを先生と相談しながら作品を完成されています。
この様なこまめなアドバイスのおかげで短期間で上手になったり、自信がついて内気だった性格が外交的に変わったりと、成果が目に見えて出てくるのです。

Q、うちの子がコンクールに入るとは思わないのですが、、、?

A, 絵に正解や、お手本はありません。一人一人が持っている個性や才能が発揮された時に良い絵が描けるのです。子どもはコンクールに入選する事によって「出来るんだ!好きに表現して良いんだ!!」と、自信が湧きます。
アトリエ KAGEMIは、講師 武 桐華が約43年前に神奈川県秦野市で始めた絵画教室で開講以来、様々な児童の絵と書道のコンクールに生徒さんの入選をお手伝いし、全国・全世界規模のコンクールに積極的に出品し、多くの賞を受賞してきました。講師が誠心誠意ご指導させていただきます!お任せ下さい^^

Q、普通の絵画教室となにが違うの?

絵をなんとな〜く描いて、裏に丸をつけて終わり、、、
そんな絵のお教室も多いはずです。
しかしそれでは目標がなく、子どもたちはなんとな〜く絵を描いてその時間は終わります。
アトリエKAGEMIはテーマごとに目標を毎月ご提案して独自のカリキュラムで一人一人の才能を伸ばしていきます。目標があることで、子どもは工夫したり、おもしろい色を作ってみたり、今まで描いたことのない作風にチャレンジしてみたりと、自然と向上心が芽生えます。
大人も目標があると頑張ろう!という意識がちがいますよね、こどもも同じです^^

Q、えんぴつを一切使わないで描くと聞いたのですが? 

はい、アトリエKAGEMIはえんぴつを一切使いません。
理由はえんぴつで描くと線が細くなってしまうので、子どもらしくのびのびと描けない上に失敗したところが目立つのです。
下書きする時には他の方法で描きます。
また、色をつけたときにえんぴつで描くと線がうつってきたなく見えます。
のびのびと描くためにはえんぴつは好ましくないですね。
また、この世界には素晴らしく美しい色があるのに白黒のモノトーンで絵を描くのはつまらない事だとと思います。

Q、私は絵が描けません。子どもが家でちゃんと描けるか心配です。

お父さまやお母さま、お子さまの絵の経験は必要ではりません。
絵とは画用紙に、子どもがもつ個性を自由に披露する場所なのです☆
子どもはどんどん自由にテキストを見ながら、お父さまやお母さまの読むテキストを聞きながら描いていきます。その内に隠されていた情熱にきっとびっくりされるはずです☆
セットに、お父さまとお母さまへのアドバイスや、わかりやすいテキストが同封されていますのでご心配はいりません。
ご家族みなさまで明るく、元気に、お楽しみ頂ければと思います^^

☆おとな絵画コース☆

Q、どんなテキストが届くのですか?

A, 毎月、テーマにそった写真がたくさん載ったテキストをご郵送させていただきます。
描きたいテーマを伝えて頂いても、こちらから出すテーマで描いても構いません☆
テキストやメールのやりとりで武先生から、ひとりひとりの生徒さんの強み、弱み、特徴、性格などに合った的確なアドバイスがあります☆
そのため、はじめて絵にチャレンジされる生徒さんにも分かりやすく楽しいご指導をします。
テキストにはさまざまなモチーフの提案があるので今まで描いたことのないような意外な面白い作品が描けたりもするんです☆
この様なこまめなアドバイスのおかげで短期間で上手になり、成果が目に見えて出てくるのです。

Q、今までまったく絵を描いたことがありませんが、大丈夫ですか?(65才の女性の方より)

A, はい、描けます!
今までまったく絵を描いた事がなく、年を重ねられ趣味として始めたいな、、と思われている方もぜひアトリエKAGEMIで絵画を始めてみましょう♫
「上手な絵」ってどんな絵でしょうか?
リアルに描けているもの?
色がきれいなもの?_
絵に正解や決まり、ルール、見本はありません。
心に浮かぶもの、自分の表現したいもの、なんとなく描いたもの、、、
それが「自分らしい絵画」です。
楽しい気持ちで描いた絵はそれが作品に表れます、一緒に楽しみや情熱を見つけましょう!

Q,どんな風にアドバイスをしてくれるのですか?

A, 作品ができたら付属の封筒にて送って頂きます。そして作品のカラーコピーに分かりやすくアドバイスを描いていきます。
カラーコピーの上から講師が絵の具で直接描いていくので、文章では分からない色づかいや絵の細部も分かやすく見る事ができます。
そして再び作品が、アドバイスの作品先生からの手書きのお手紙と共に届きます☆
「あら、こんな描き方もあったんだね」
そんな発見があると思います^^